スマートフォンが変えるコーディング代行

数年単位で考えても、コーディング代行の位置づけと実際の依頼プロセスは大きく変わりつつあります。ウェブサイトというものが普及しはじめた頃から、コーディング代行業務はアウトソーシングの一分野として認識されていました。ただし、その頃のウェブサイトは企業情報をただ羅列したもの、というイメージが多く、コーディングといっても数種類のタグによって文字を装飾したり、より見やすくなるようにフォントサイズやレイアウトを調整したり、という程度の作業がメインでした。

しかしながら、時代とともにウェブサイトの販促方法としての重要性が認識されるようになり、SEOと連携したコーディングなど、さまざまな専門手法が積極的に開発されるようになりました。さらに、近年ではスマートフォン向けのSEOサイトが主流になるにしたがってコーディングの手法もよりいっそう複雑化し、エンジニアやプログラマーなどの職域も広がっています。

今後、PCサイトとスマートフォン向けサイトによる企業PRやアフィリエイトはますます主軸になると見られており、それに比例してコーディングにおいて求められる業務レベルも高まってくると予測されています。
業務レベルを一気に上げて対応することは難しいですから、そのような際には自社で対応の難しい案件をコーディング代行業者に依頼するという方法もあります。